バリクパパンの雷電

画像

雷電に係わる連合軍側資料として、手元にはTAICのレポートのほかにTAIUと米軍のもの2種類があります。このうちTAIUのものはバリクパパンの調査レポートで、日本軍が引き揚げたあとの飛行場周辺を調査した結果の報告です。
ここに雷電が製造番号の分かるもので3機出てきます。三菱3005、3026、3036号機がその3機で、添付写真は三菱3036号機です。これは381空所属の雷電で間違いないと思いますが、注目すべき点は615という番号です。3005号機も下二桁が不明ですが、600番台の番号を付けています。
通常であれば戦闘機は100番台でなぜ600番台なのか分かりませんが、異例であることは間違いありません。
外地に行った雷電で、小規模とはいえ組織的に運用されたのはこの部隊だけですので、模型の塗装としては面白いと思います。
ちなみにこのレポートには、廃機集積場の五二型の報告もあり、そこには製造時期が18年11月となる五二型4機が含まれています。となると、これらの機体は有名写真が残されている、81-161等が含まれた381空の第一陣と考えて良さそうです。これって自分にとっては、興味深いところです。
TAIUのレポートは、オーストラリアNAAのサイトでいくつか閲覧できます。このレポートもそこからダウンロードしたものです。

"バリクパパンの雷電" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント