Me109の脚

雷電から離れて脚の話となっていますから、ついでにMe109はこんな感じです。良く知られた機体ですし、脚まわりの構造も良く解説されていますね。 機体の防火壁下部に脚が付き、重量的にも有利な設計といわれていますが、この脚が事故の一因となったのも間違いありません。 Me109の事故数というのは、かなりの数だった様で空軍も問題視していま…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

F8Fの場合

F8Fでは、こんな感じの取り付けになります。これも前後に軸が通るタイプですが、脚の軽量化というよりも脚を根元で折りたむことからたどりついたレイアウトの様に思えます。 で、付け根を前後から支えるためにどうしているかというと、脚付け根の内側がこの様にボックス状に前に出てきていまして、これで強度を確保しているようです。 かなり立派…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

雷電脚の付け根

ふGさんが書いてくれた脚の軸受けが見える写真をアップしました。確かにかなりごついもので、重そうです。 ところでこの様に脚を後ろで受ける形の軸受けは、この時期にかなり一般的に見られます。例えばP-51もこのレイアウトです。このレイアウトですと、脚を後ろにまがった軸だけで支えるので、軸も軸受けもかなり立派になります。 そしてこの後に…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more