塗装本追記

前回紹介したイタリア機の塗装本ですが、Bf109好きにもお勧めです。
イタリア空軍にはG-14AS、G-10が送られており、その写真が多数載っています。
特にエルラ製G-10でエンジンカウリングが変わっているのが分かる写真があるのは、貴重です。
最近のメッサー本には、このバリエーションが説明されているのですが、それと解説されている写真をみても今ひとつ納得できるようなものはありませんでした。
しかしこの本に載っているG-10 の写真は、クリアかつ色々な角度からのものがあり機首下面のバルジがない様子が良く分かります。
また、機体製造番号と搭載エンジンなども分かってたりします。
これでG-10でもAS系エンジンが載せられたものがあるのが、はっきりとしているわけですね。
ところでこのG-10は、G-14/ASと同じもののはずですから、本来ならG-10ではなかったはずです。多分、機体にG-10の名称を与えたあとで、605Dが足らなかったということなのではないかと思います。
末期の主力であるG-14/AS、G-10、K-4の分類は、かなりクリアにできるのですが、この様な例外があるからBf109は良く分からないという印象を残すのでしょう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック