P-51の資料その2

前回、お勧めの資料として紹介した本は、現在でも手に入るという基準で選んでいます。絶版で良い本ももちろんありますが、今手に入る本が十分に良いものなので、苦労して手に入れるほどのものではないと思います。
といういことで入手可能本としてもう一点追加ですが、Walk AroundのP-51Dはかなり良い本です。このシリーズ、当たり外れがありますが、これはお勧めです。掲載されている当時の写真をみると、やはり一次資料が豊富にあるんでしょうね。
Development of Long-Range Escort Fighterという比較的新しい本もありますが、これはP-51というよりも米陸軍機全般をカバーしているものでとても勉強になる反面、模型作りのための資料としては無くてもOKです。ちょっと高価ですし。
D&Sは、持っていてもOKですが、D型以降が現在入手不可で出回っている古本は高価です。そのうち再販されるか新版が出るでしょうから待った方が良いと思います。
一つだけ絶版本ですが、中身を確認した後でぐずぐずしているうちに入手できずに悔んだのが、Production Line to FrontlineのP-51です。一時はかなり高値で取引されていましたが、最近はこなれてきたのでそろそろ入手しても良いかなという感じです。でもこの本の中の写真は、最近の本にも多数使われているので出版された当時ほど貴重というわけではありません。
というわけでP-51は良質な本が本当に多いですから、(というよりこの環境で内容を外すほうが難しいでしょう)有名どころを数冊買えば十分な情報が得られます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック